ブログ

のうそんカフェ「nora」

2012.09.28

のうそんカフェ「nora」ってご存知ですか?

千葉県の海沿いの街「長生村」にできた、無農薬野菜を使った郷土料理が食べられる「古民家カフェ」のことです。

…と言っても自分も行ったことないんですが…(笑)

ただ、「長生村」には、何度も行ったことがあります。なぜなら、サーフィンのメッカとも言える場所なんです。

さらに面白いのは、のうそんカフェ「nora」をプロデュースしているのは、「BEWET」などで有名なサーフィン用ウェットスーツメーカーBPDサンコーという会社なんです。

しかし、ウェットスーツメーカーが何でカフェなんでしょう?
少し調べてみたところ、以下のような記事を見つけました。

【サンコーがカフェを開く理由】

・房総の自然の恵みや海を都会の子ども達に味わって欲しい
・伝統ある古民家の良さを残したい
・地域の活性化
・ウエット作り閑散期のスタッフ雇用確保

サーフィンスタイルより

ん〜、素晴らしいですね。

地域活性や文化の保存・雇用確保など、社会的な意義を考えた取り組みであること、サーフィンをする人間の一人として誇らしく思います。

また、こういう魅力的なカフェがあることで、サーフィンをし終わったあとの楽しみがグッと広がりますよね。サンコーさんは、都会の人たちの意識を、海(自然)に向ける(意訳)ということもミッションにしているようです。

海の近くに住む人やサーファーのように「日常的に海に接している人」は、海や自然の変化に意識が向かいやすいですが、都会に住む「海と接する機会がない人」たちに対して、「海に意識を向けて欲しい」と言うのは、なかなか難しいことなのだと思います。

こうしたカフェのような、都会の人たちにとっても魅力的な海側からの発信があって、初めて海のことを考えてもらえるということなのかな、と考えています。

「nora」オープン。

社会のためにも、サーファーのためにも、海のためにもグッドな出来事だと思います。

自分、ぜひ行ってみたいと思います。

『 n o r a 』ホームページ
http://noracafe.jp/HOME.html

鎌田

Pocket

お問い合わせ・お見積り(無料)






Contact