ブログ

のうそんカフェ「nora」

2012.09.28

のうそんカフェ「nora」ってご存知ですか?

千葉県の海沿いの街「長生村」にできた、無農薬野菜を使った郷土料理が食べられる「古民家カフェ」のことです。

…と言っても自分も行ったことないんですが…(笑)

ただ、「長生村」には、何度も行ったことがあります。なぜなら、サーフィンのメッカとも言える場所なんです。

さらに面白いのは、のうそんカフェ「nora」をプロデュースしているのは、「BEWET」などで有名なサーフィン用ウェットスーツメーカーBPDサンコーという会社なんです。

しかし、ウェットスーツメーカーが何でカフェなんでしょう?
少し調べてみたところ、以下のような記事を見つけました。

【サンコーがカフェを開く理由】

・房総の自然の恵みや海を都会の子ども達に味わって欲しい
・伝統ある古民家の良さを残したい
・地域の活性化
・ウエット作り閑散期のスタッフ雇用確保

サーフィンスタイルより

ん〜、素晴らしいですね。

地域活性や文化の保存・雇用確保など、社会的な意義を考えた取り組みであること、サーフィンをする人間の一人として誇らしく思います。

また、こういう魅力的なカフェがあることで、サーフィンをし終わったあとの楽しみがグッと広がりますよね。サンコーさんは、都会の人たちの意識を、海(自然)に向ける(意訳)ということもミッションにしているようです。

海の近くに住む人やサーファーのように「日常的に海に接している人」は、海や自然の変化に意識が向かいやすいですが、都会に住む「海と接する機会がない人」たちに対して、「海に意識を向けて欲しい」と言うのは、なかなか難しいことなのだと思います。

こうしたカフェのような、都会の人たちにとっても魅力的な海側からの発信があって、初めて海のことを考えてもらえるということなのかな、と考えています。

「nora」オープン。

社会のためにも、サーファーのためにも、海のためにもグッドな出来事だと思います。

自分、ぜひ行ってみたいと思います。

『 n o r a 』ホームページ
http://noracafe.jp/HOME.html

鎌田


鵠沼のサーフショップ Share Surf Room

2012.09.27

鵠沼にShare Surf Roomという、古民家をそのまんまお店にしたサーフショップがあること、ご存知ですか?

実は自分が7〜8年前からお世話になっているお店で、先輩が切り盛りしています。

個人的には、個性的で面白いショップだと思うのですが、結構知っている人、少ないんです(笑)

なので、今回、自分なりに良いなと思う部分をこのブログで紹介してみたいと思います。

まず外観
こんな感じです。

完全に古い一軒家。いわゆるサーフショップな感じは一切なしです。
ただ、畳と木のぬくもりのある、懐かしい感じの作りで、
畳に寝転がっていると、ちょっとした旅館にきた気分になれます(笑)
写真では分かりづらいですが、裸足で上がれるウッドデッキもあります。

庭は結構広くて、ハナミズキとイチョウの木と松の木があります。
秋になると銀杏の実がたくさん落ちてきて、皆で拾います。
匂いはかなりヘビーですが、ビールのおつまみにすると、
季節感が感じられてグッドです。

もちろん、シャワーは室内・室外ともに完備
お風呂も入ろうと思えば入れます。

キッチン完備。海上がりのご飯、自分で作れます。

ついでにビアも完備(笑)

お店がかかえるライダーも、漁師でプロサーファーの浜野展行くん、トップアマでデザイナーの近藤春来くん、スタイリッシュサーファーの浜本拡くん、保育士でプロサーファーの吉田佳世さんなど、一風変わっていて(笑)、個性的な面々が揃っています。

そして、最後に忘れてはいけないのが、店長の村川新氏。

ロングボードのプロサーファーで、商売っけがなく(笑)、とにかく情に厚い男です。
ライフセービングをライフワークとして長年続けていて、WT(サーフィンの世界大会)のガードをつとめるほどの実力。
スクールもやっているので、初心者の方も安心してサーフィンできます。
それに、まあまあイケメンです(笑)。

最近、Answerというオリジナルウェアブランドも売り出しています。
なかなかかわいいです。

大体こんな感じです。

結構いい感じですよね?(笑)

ホームページは以下。

ぜひ遊びに行ってみてください〜。

鎌田


今日の波予想

2012.09.26

今日はサーフィンをしない方にはピンとこない内容になってしまうと思うのですが、実は本日、湘南付近のサーファーは今日中に台風からのウネリが入るか入らないかで大揺れなのです(笑)

サーファーにとっては、台風からのウネリが入ればパラダイスなのですが、以下みたいなウネリが入りづらい状況があって、皆やきもきしています。

「台風18号は、ウネリが入る目安である北緯20度線をしっかりと越えてきているのですが、日本付近にある高気圧と前線の間で北東風が強く吹く気圧配置なので抑えられてしまう可能性もあり、「むむ〜っ、微妙…」な感じになっています。」

実はかつて自分は、サーファー向けの波情報サイト(現在の波を伝えたり、今後の波を予想するというサービス)に在籍していたのですが、今日の波を当てるのはかなり難しく、皆さん相当頭を悩ませていると思います。

自分もこういう時は波の予想が当たるか外れるかで、波情報サイトの質が問われているような気がして(実際、ある程度は評価の対象になっていると思いますが…)、ハラハラしたものです。

それで、今日は波情報サイトの肩を持つ訳ではないのですが、「波予想が当たるか?外れるか?」という視点だけではなく、「誠実に予想がなされているか?」というところにももっと焦点が当たると良いなぁと思っています。

沿岸の波予想はコンピューター解析によるデータではっきり分かる場合もありますが、データでは判断しづらい場合もあり、今回は後者に当たります。

こういう時には、分からないのに直感で「上がってくる」と言い切るよりも、ギリギリまで数値データと向き合った上で、「分からない」という方が、誠実な表現のときがあります。

その上で分かっている可能性や情報をできる限り表現する。そういうことを文章の中に適切に落とし込んでいるサイトが信じられると思います。

なので、「今日は予想が難しいですが、夕方には多少サイズが上がってくる可能性がある」というのが、個人的な予想です。

ん〜、我ながら、玉虫色…。
しかし、誠実なつもりです(笑)

鎌田


ミスサーファーガールコンテスト

2012.09.24

先日、このブログ内でもお伝えした「ミスサーファーガールコンテスト」、ウェブ投票および江ノ島でのスタンドアップパドルボードレースともに、9月22日(土)に終了しました。

結果は、Facebookの「いいね!」数によるウェブ投票は目良 麻里亜プロが優勝、総合では自分の友人でもあり、このブログでもご紹介した鈴木香那プロが見事優勝!2位が目良 麻里亜プロ、3位がSUPで優勝した吉田佳世プロという順位だったようです。

詳しい結果はこちら

総合優勝した鈴木香那プロは、優勝賞品のプロサーファーの修行の場であるハワイへのチケットと、「えのすぱ」の年間フリーパス(!)などを獲得したそう。ハワイもさることながら、「えのすぱ(江ノ島内にあるスパリゾート)」フリーパス、ホントにうらやましいです(笑)おめでとう!

ところで、このウェブ投票、一位の目良 麻里亜プロが1000票以上、すべての参加者の投票数を合計すると4000以上の票が集まっています。
「いいね!」を押すには、それなりのハードルがあると思うので、少なくとも、その数倍〜十倍以上(数万〜数十万?)の人が見に来ていることになります。

自分は企画者ではないので、サイトにとってこの数字がどれだけの意味を持つのかは分かりませんが、Facebookのみを使った一つのサーフィン関連のサイトに対する集客としては、かなり素晴らしい結果なのではないかと思います。

大会も現地に観戦しに行ったのですが、ガールズプロサーファーやボディボーダーの皆さんが集まって、とても華やかな印象を受けましたし、SUP(スタンドアップパドルボード)の大会も白熱していて面白かったです。

また、ステージ上での各選手の紹介をスポンサーのステッカーが入ったボードを持った状態で行っていたり、大会の実況などでも選手の名前が何度もコールされていたり、本当に女性のプロサーファー、ボディボーダーのことを考えて実施されているイベントだと感じました。

しかし、自分が思っていたよりは観客が集まっていなかったのが意外と言えば意外…
もちろん第一回目だからということも大きいとは思いますが、もしかすると、一つは集客の仕組みが「プロサーファー自身の“投票の呼びかけ”」という、どちらかと言えばウェブに特化したものだったからかな、と勝手に考えています。

投票自体はウェブ上で完結するので、呼びかけもウェブ投票まで、応える方もウェブ投票までの行動で完結して、大会の応援にまでは気持ちが回らなかったというのがあったのかなぁと。

一緒に観ていた友人とも話していたのですが、現地に足を運んでもらうための仕組み(現地での投票など)があれば、もっともっと人が集まったかもなとも思いますが、我ながら内実を知らない人間の勝手な意見ですね…。
とにかく、この大会、観に行っても楽しいので、めちゃめちゃオススメです。

運営する方々には想像以上の苦労があるのだと思いますが、ぜひ来年以降もこのようなサーフィンをしない方々も皆で楽しむことができる素晴らしいイベントを企画・開催して、サーフィン・湘南の海を盛り上げて欲しいと心から思います。

鎌田


ソフトバンクiPhone5などテザリング解禁について(超初歩的な疑問…)

2012.09.20

恥ずかしながら、自分、「テ」ザリングを「デ」ザリングだと思っていたくらい、こういった通信機器(用語?)に疎いです…。

なので、今、世の中で話題の「ソフトバンクiPhone5テザリング解禁」と言われても、何のことだかサッパリ

でも、こんだけニュースになってるんだから、結構スゴイことなのでは?と思い、ちょっと調べてみたので、ブログでも紹介してみたいと思います。

詳しい方には「知ってるよ!」なことだと思うんで、すっとばしてくださいね(笑)

まずはWikipediaより。

【テザリング】
テザリング(英: tethering)とは、通信端末を内蔵したモバイルコンピューター(携帯電話回線に接続されたスマートフォンなど)を外付けモデムのように用いて、他のコンピューター等をインターネットに接続することである。

むむ〜っ。けっこう表現がややこしい…。

でも、「スマートフォンを外付けモデムのように用いて他のコンピューターをインターネットに接続すること」というのは、つまり「iPhone5を使って、パソコンをインターネットに接続できる」ということですかね。

普段持ち歩いているiPhoneを使って、パソコンもインターネットに接続できたら、かなり便利!
今はWi-Fiを持ち歩いているんですが、けっこう家に忘れてしまうこともあるし、電波もイマイチなんですよね…。
iPhoneなら忘れないし、電波もまずまず入る印象あるし、検討の余地ありますね。

しかし、通信費はどうなるんでしょう?
通信量に合わせて費用がかかるとかだったら、パソコンで重いファイルをやり取りしたら、いきなり目ん玉飛び出るような金額の請求がきたりしないですかね。

不安なのでそれも調べてみたところ、ソフトバンクの場合、テザリングの利用料金は月額525円(2年間は無料)。7GBまでは使いたい放題ということみたいです。(それ以上は別途申し込みで、2GBごとに2,625円。)

自分の場合、7GBはたぶん使わないので、「お安い!」と思ったのですが、これを申し込んだ時点で、「パケットし放題フラット for 4G LTE」というプランが適用されるらしく、この費用が月額5,460円(2年間)。

自分は月額4410円のパケットし放題フラットというプランを使っているので、プラス1050円という感じですね。

この数字のマジックみたいなのは何とかならないのかとも思いますが、それでも月額数千円のWi-Fiルータを使うよりは安いですね。

ふぅ。だいぶ、分かってきました。

あとは、かなり初歩的な疑問なのですが、「ケーブルはつなぐ必要あるのか?」
こういうことが自分みたいな初心者には分からないもんなんです…。

インターネットで色々調べてみた結果、ケーブルをつなぐ方法もあるみたいですが、普通はケーブルなしで使えるようです。

ソフトバンクのHPでは「テザリング」のことを、「スマートフォンをモバイルWi-Fiルーターとして利用できるようになるオプションサービス」と書いているので、おそらく、Wi-Fiルーターと同様、ケーブルなしで使えるということだと思います。

つまり、完全にiPhoneがポケットWi-Fi代わりになるというイメージですね。
今更ながら画期的!

しかし、自分はポケットWi-Fiを数ヶ月前に購入したばかりで、二年しばりなのがネックです。問題は解約してもプラスになるかどうかですね。
導入するかどうかは、もう少し考えてみたいと思います。

※上記は自分が初心者なりに調べた結果なので、記載内容には誤りがある可能性もあります。
当たり前ですが、導入を検討される場合は、ソフトバンクに直接確認されることをオススメします。

鎌田


123

最新の投稿

お問い合わせ・お見積り(無料)






Contact