グーグルアナリティクスのデータが消える問題、具体的に何が消えるの?

2018.05.04

「GDPR」によるグーグルアナリティクスのデータが消える問題が話題になっています。

「GDPR」とは「General Data Protection Regulation(一般データ保護規則)」の略で、2018年5月25日からヨーロッパ連合(EU)で施工される個人情報の保護に関する新規則のこと。

これがなぜ話題になっているかといえば、この規則の影響を受け、多くのウェブサイトの分析用に使用されている「グーグルアナリティクス」のデータが消えると言われているからです。

自分も「データが消える」ということだけにビックリしてしまったのですが、よく調べてみると消えるデータは、ごく一部に限られるとのこと。

グーグルアナリティクスのヘルプページによると、「保持期間は、Cookie、ユーザーの識別子(例: ユーザー ID)、広告 ID(DoubleClick Cookie、Android の広告 ID、Apple 広告主向け識別子など)に関連付けられたユーザー単位やイベント単位のデータに適用されます。」とのこと。

「Cookie」、「ユーザーの識別子」は、簡単にいうとユーザーを識別するナンバーのようなもので、仮に「111」というナンバーの人がどのページを訪れているか、次にいつ訪問しているかなどが追えるデータです。
そして、「広告ID」は、どの広告から来ているユーザーなのかが追えるナンバーのようなものです。

具体的にどのようなデータかというところが気になるところなのですが、下記のページなどを見ると影響を受けるのは、ユーザーのプライバシーに関わる、ごく一部のデータであることが分かります。個別のIDに関係がない、一般的によく見られているであろう、トラフィックチャネル、ページビュー、サイトコンテンツなどの集計データには一切影響がありません。

【緊急】Google Analyticsのデータが消える?「データ保持」期間の設定が追加に

全Web担当者が5月24日までに確認しておくべきGoogleアナリティクス[データ保持]設定の真実

多くの方には影響はなさそうですが、もしデータの保持をされたい場合、上記ページなどにあるデータ保持期限の設定を変えることで、データの消失を防げるようです。

ただし、下記のページなどの情報によると、データの保持期限を変更することは「GDPR」の規則に違反することになる可能性が示唆されています。

「GoogleAnalyticsのデータが消える」の話じゃなくて、、、先にGDPR(EU一般データ保護規則)を意識しないとダメなんじゃない?というお話し

「一般データ保護規則(GDPR)のお知らせ」は素直にGoogleに従う方が良いかも

解釈には一定の幅がありそうですが、基本的にはGDPRに配慮したGoogle側の設定を尊重する方が無難と言えそうです。


最新の投稿

お問い合わせ・お見積り(無料)






Contact