MacBook Pro のタッチバー、使うか使わないか問題

2018.05.20

2016年以降のMacBook Proには、キーボード上部に一列「タッチバー(Touch Bar)」と言われる、操作に応じて内容が切り替わるタッチパネルがついており、そこでボリュームやバックライトの明るさ、アプリケーションの戻る進むのコトロールなどができるようになっています。

タッチバーについては、下記ページが詳しいです。
MacBook Pro で Touch Bar を使う方法 - Apple サポート

これは、正直、ちょっとカッコイイなとは思ったのですが、ほとんど使いません。
というか、バックライトの明るさやボリュームを変えるときには使わざるを得ないんですが、特に便利になった感じはしません。

ただ、まだアプリケーション側が未対応な場合が多く、タッチバーでコントロールできる内容が限定されていることも、有用でないと感じる大きな要因だと思います。
例えば、Chromeはタッチバーで検索はできるようになっているのですが、タブの切り替えなどには対応していません。

タッチバー上で切り替えられるようになれば、ショートカットを使うよりも便利になるかもしれません。
アプリケーション側の工夫が追いついてくることで、徐々にメリットが増してくる可能性はあると思います。

これから購入を予定されている方は、タッチバーがあるタイプとないタイプで迷うかと思いますが、現状でいうなら使い勝手は変わらないです。
ただ、ちょっとした楽しさや可能性を見せてくれるところがApple製品の良さですよね。

そういう意味では、タッチバーはこれからを感じさせてくれる、ちょっとしたワクワク感はあると思います。
もしギリギリのところで迷っているということであれば、個人的にはタッチバーありのモデルがおすすめです。


最新の投稿

お問い合わせ・お見積り(無料)






Contact