サーフィン界のビッグスター、ミック・ファニング引退とハッシュタグ#CHEERSMICK

2018.03.31

3度のワールドチャンピオンを誇るサーフィン界のビッグスターであるミック・ファニングが、彼の地元ベルズビーチで開催されるワールドツアー・イベントをもって引退します。

ミック・ファニングは、サーフィンをする人であれば誰もが知っているような超有名選手で、年齢的には37歳、野球でいうと松坂が引退するという感じに近いかもしれません。

世界中に引退を惜しむ声が上がっています。

年齢が近いこともあり、自分も思い入れのある選手で、レベルは果てしなく違いますが……、彼のシグニチャーモデルのサーフボードに乗っていたこともあるくらいです。

彼の引退について、インスタグラムでも様々な情報や動きがあり、グッとくるものがあります。

一つは彼だけが使用を許されていた、メインスポンサーのブラックロゴマークステッカーを、今大会に限り、リスペクトの気持ちを込めて、同じリップカールに所属する選手全員が貼って出場するとのこと。

そして、ブラックロゴマークをマイボードに貼って、ミックを応援するライダーやファンたちのムービーが、インスタグラムにかなりの件数アップされています。

ハッシュタグは#cheersmick

海外の小さな女の子から、

日本のプロサーファーの方々、

#cheersmick @ripcurl_jpn ‍♂️

A post shared by R E I K A‍♀️ (@reikanoro) on

サーフィンの世界大会を運営する、ワールドサーフリーグまで。

最初の呼びかけはミックのメインスポンサーである、グローバルサーフブランド「Ripcurl」から。
とても素敵な呼びかけですし、感情に訴えかけます。

当然、リップカールのマーケティングのことも考えての施策だと思いますし、そういう意味ではきっと成功しているとは思うのですが、宣伝っぽさよりも彼のことを思う気持ちの方が伝わってくるので、皆が参加しようと思うのだと思います。

ハッシュタグを使ったインスタグラムの施策としても、とても参考になりますよね。
さすが世界のリップカールです。

この記事を書いている、3/30現在、ベルズビーチでの世界大会はRound1が進行中。
現地時間も夜なので一時中断して、明日の朝から再開予定。

ミックファニングのラストイベント、活躍に期待したいです。

World Surf League


最新の投稿

お問い合わせ・お見積り(無料)






Contact