「いちばんやさしいコンテンツマーケティングの教本」宗像淳・亀山將

2018.02.20

数年前から、「コンテンツマーケティング」という言葉が世の中で注目を集めるようになっています。
どのような意味かと言えば、「価値のあるコンテンツ」を作成することで、そのコンテンツを見た人にファンになってもらい、ビジネスに結びつけていくというマーケティングの手法のことです。

例えば、美容室であれば、「カラーリングをしても髪が痛まないようにする3つの方法」のような記事を作成したり、ムービーを撮影してYouTubeにアップしたりすることが、一つのコンテンツマーケティングになります。
こうすることで、営業的なアプローチではない形で、自社のことを知ってもらったり、場合によってはファンになってもらえる可能性があります。

この「いちばんやさしいコンテンツマーケティングの教本」は、日本におけるコンテンツマーケティングの草分け的存在である、宗像淳さんと亀山將さんが書かれており、内容が整理されていて非常に分かりやすい上に、プロでもなるほどと思うような深い内容についても言及されています。

「コンテンツマーケティング」という言葉はちょっとややこしいかもしれませんが、自社で文章や写真、ムービーといった何かしらのコンテンツを作成し、それを集客や成約に結びつけるという考え方は、小手先で検索エンジン対策をするよりも遥かに効果的であり、本質的な手法といえるでしょう。

この本はコンテンツマーケティングの手法を網羅的に紹介してくれた上で、考え方や実践方法まで紹介しれくれます。
ウェブで何かをしようと思っている方には、間違いなく何らかのヒントになるはずです。


最新の投稿

お問い合わせ・お見積り(無料)






Contact