湘南遺産候補に本鵠沼にある「はす池」がエントリー

2018.04.25

「湘南遺産」は、未来に遺したい湘南のモノ・コトを、市民の投票で選ぶプロジェクトのこと。

下記の「NPO法人 湘南遺産プロジェクト」さんのサイトを拝見する限り、今年で第3回目の実施となるようです。

NPO法人 湘南遺産プロジェクトとは

現在までに旧モーガン邸、グリーンハウス、鴫立亭、南湖院などなど、湘南が誇る歴史ある建築物が湘南遺産に選定されています。

湘南遺産には、自分の知らなかった建築物や祭りなどのことも、詳しく記載があり、とても勉強になります。

今年も江ノ島弁財天や旧山川秀峰・方夫邸など、錚々たる候補の中、自宅近くにあり馴染み深い、鵠沼「はす池」もエントリーされているようです。

はす池は、境川の蛇行と氾濫によってできた野池群の一つで、ほとんどが戦後の開発で埋め立てられましたが、現在も藤ヶ谷付近にある第一はす池と第二はす池が残り、市民の憩いの場となっています。

「はす池の自然を愛する会」のウェブサイトを見ると、現在までに大型ゴミの不法投棄や外来生物の繁殖などの幾度とない危機を、市民の活動や声によって乗り越えて今に至ることが分かります。

まさに市民が作り上げてきた遺産と言えるでしょう。

湘南遺産はウェブでの投票で決まるとのことなので、自分もぜひ「はす池」に投票したいと思っています。

市民が選ぶ地域の遺産。自分の地域にどんな魅力があるのかって意外と知らないものですね。

湘南遺産」、ぜひチェックしてみてください。


最新の投稿

お問い合わせ・お見積り(無料)






Contact