FacebookをRSSリーダーのように使う方法

2018.06.10

RSSリーダーとは、気になるブログを登録しておくと、自動で最新記事を取得・表示でき、読みたい記事を忘れずに、まとめて読むことができるツールのことです。

有名なところだと、FeedlyInoreaderなどがあります。

しかし、自分の場合は、RSSリーダー自体を開くことが少なくなってしまい、定期的に最新の記事をチェックすることができなくなってきています。

そこで導入したのが、Facebookで最新記事をチェックすることです。

大抵の人気サービスやブログは、Facebookページを持っており、そこでブログの更新情報を発信しています。

記事を読みたいブログのFacebookページに「いいね!」をしておくことで、Facebookのタイムラインに更新情報が流れてくるようになります。

Facebookなら、習慣的に毎日開くので、気になるブログ記事・ニュースを自然な流れで確認できます。

ただし、タイムラインに流れてくる情報は、重要度によって選別されているので、全てが流れくる訳ではありません。

なので、特に読みたい記事は、リストにまとめると、確実に読むことができるようになります。

1)Facebookを開く
2)左側メニューの友達一覧をクリックします。
3)リストを作成ボタンを押します。
4)リスト名を決めて、確実に読みたいFacebookページを登録していきます。
5)作成ボタンを押して出来上がりです。
6)確認するときも、友達一覧をクリックし、友達一覧の中の4)で決めたリスト名をクリックすることで、更新情報が確認できます。
7)できれば、そのページをお気に入りに登録していくと、毎回友達一覧をクリックしてから目的のリストにたどり着く手間を省けます。

以上です。

もしよかったら試してみてください。
今までよりも情報のインプットが、自然の流れでできるようになるはずです。


Webでの集客を考えるなら必ずチェックすべきサイト

2018.02.12

Webで集客を考えるのであれば、必ずチェックした方が良いサイトが「More Access! More Fun! 永江一石のITマーケティング日記」です。
ブログの運営者であり、コンサルタントである永江一石さんは、ちょっとだけ口は悪いのですが、もの凄く誠実なWebでのマーケティングや集客の在り方を示してくれています。

膨大な数の記事があがっているのですが、できるだけ多くの記事に目を通すことで、いつの間にかウェブに関する筋肉のようなものが鍛えられていくのが分かるはずです。SNSを運用するにも、WEBを制作するにも、SEO対策をする上でも、基礎的な考え方を紐解き、道を示してくれるような記事がたくさんアップされています。

例えば、「Wordpressとアメブロ」の違いについては、下記のブログを読むと、かなりすっきりと考えがまとまるはずです。


店舗や会社のブログをアメブロやFC2でやってはいけない3つの理由

辻ちゃんがアメブロやめて独自ドメインでブログはじめたらいくら稼げるか、無責任に試算してみた

「SEOに関する考え方」は、下記の記事が参考になります。

SEO対策という考え方の終焉

どの記事も分かりやすい事例を用いて、ジョークも交えつつ楽しく書かれている上に、表層的ではない「考え方」を示してくれます。
読み進めるうちに、Webで何かをしたいと思ったときに困らないような知識や教養に近いものが備わってくるはずです。
そして、その身についた力は、きっと新しいウェブサイトの施策や、効率的なプロモーションを生み出す原動力になってくれるに違いありません。


新ドメイン「.tokyo(ドットトーキョー)」

2013.11.20

「.com」や「.jp」のように使用できる、

新しいドメイン「.tokyo(ドットトーキョー)」ができるとのこと。

9月くらいの話題みたいですが、自分は今日知りました(笑)

とてもキャッチーなので人気がでそうですね。

お名前ドットコムの特設サイト【 新ドメイン「.tokyo」 】も、

東京タワーがメインビジュアルに使われていて、

途中でパカッと画面が割れるユニークなサイトです。

2014年2月から商標権のある方の優先登録、

5月からは一般登録が開始されるようです。

新しくサイトを制作される予定のある方は、

一度チェックしてみても良いかもしれません。

新ドメイン「.tokyo」


【Mac】chrome辞書機能のショートカット

2013.11.14

今日は珍しくTips的な内容。

MacのChromeで辞書機能を出すショートカットです。

辞書を使用したい単語の上にカーソルを合わせて、「Cmd+Ctl+D」。

文字を選択反転する必要がないので、超便利!


kindle版の本をiPhoneで読む方法

2013.04.08

最近は電子書籍のみで発売される本も増えてきているのは分かっていたものの、「自分は紙の書籍派だから…」と、特に困っていなかったのですが、先日、ついに自分の欲しい本がKindle版でのみ販売されていることが分かりました。

「ん〜困った…」ということで、少し調べてみたところ、PCで読む方法が載っていたのですが、結構むずかしくて途中で断念。

結局、iPhoneで読む方法(あとから考えれば一番簡単でオーソドックスなんですが…)を選んだので、もし同じような状況の方がいればご参考までに。

①まずiPhoneアプリの「Kindle」を検索してダウンロードします。

②アマゾンからKindle版の書籍を購入します。

③購入の配信先の画面が表示されるので、iPhoneを選びます。

④購入完了後、iPhoneアプリ版の「Kindle」を開きます。初期設定を済ませると自動的にダウンロードが始まり購入した書籍が表示されます。

⑥書籍の画像をタップするとページが開きます。

以上です。

手順は簡単で、ウェブに関わる人間としては機械音痴な自分でも、とてもスムーズに導入できました。特にamazonで買った商品が、手動でダウンロードしたり変換したりした手間なく、アプリを開いてすぐに読めるというのは便利ですね。

これから紙の本が好きだからと言っても、紙では好きな本が読めなくなる時代がくるかもしれませんね。iPhoneでは読みやすいとは言えないので、Kindle購入も迷いますが、まずはしばらくこの方法で電子書籍ライフを送ってみたいと思います。


12

最新の投稿

お問い合わせ・お見積り(無料)






Contact