kindle版の本をiPhoneで読む方法

2013.04.08

最近は電子書籍のみで発売される本も増えてきているのは分かっていたものの、「自分は紙の書籍派だから…」と、特に困っていなかったのですが、先日、ついに自分の欲しい本がKindle版でのみ販売されていることが分かりました。

「ん〜困った…」ということで、少し調べてみたところ、PCで読む方法が載っていたのですが、結構むずかしくて途中で断念。

結局、iPhoneで読む方法(あとから考えれば一番簡単でオーソドックスなんですが…)を選んだので、もし同じような状況の方がいればご参考までに。

①まずiPhoneアプリの「Kindle」を検索してダウンロードします。

②アマゾンからKindle版の書籍を購入します。

③購入の配信先の画面が表示されるので、iPhoneを選びます。

④購入完了後、iPhoneアプリ版の「Kindle」を開きます。初期設定を済ませると自動的にダウンロードが始まり購入した書籍が表示されます。

⑥書籍の画像をタップするとページが開きます。

以上です。

手順は簡単で、ウェブに関わる人間としては機械音痴な自分でも、とてもスムーズに導入できました。特にamazonで買った商品が、手動でダウンロードしたり変換したりした手間なく、アプリを開いてすぐに読めるというのは便利ですね。

これから紙の本が好きだからと言っても、紙では好きな本が読めなくなる時代がくるかもしれませんね。iPhoneでは読みやすいとは言えないので、Kindle購入も迷いますが、まずはしばらくこの方法で電子書籍ライフを送ってみたいと思います。


LINEの小規模店舗向けアカウント「LINE@(ラインアット)」について

2012.11.19

LINE画像

「LINE」の小規模店舗向けアカウント「LINE@(ラインアット)」がリリースされたようですね(申し込みスタートは12月上旬とのこと)。

【LINE@紹介ページ】
https://biz.line.naver.jp/ja/

実は「LINE」、つい最近まであんまりは縁がなかったのですが、徐々に周囲の人が使うようになり、なんだかんだ「LINE」が身近なものになりつつあります。
なんでも日本でのユーザー数はすでに3000万人以上だそうで、Facebookの1600万人をもう大幅に超えているようです。

この「LINE@」は、その3000万人のユーザーを持つ「LINE」に小規模店舗が月額5250円でアカウントを持ち、情報を発信したり、クーポンを発行したりできるサービスです。

びっくりすることに、ローソンやコカコーラなどの企業が利用していた従来の公式アカウントは月額800万円(!)したとのこと。そりゃ、中小企業は手がでません。

今後、「LINE@」では、マイレージ機能(店舗に行くとマイレージが集められ、他の店舗でもマイレージを使用することができる機能)が実装予定とのこと。
実際、小規模店舗で月額5250円は、それなりの経費になるので、利用がどこまで進むかは分かりませんが、クーポンの発行とマイレージ機能が同時に実現できるのは、魅力的だと思います。

ただ、一番の要は、登録ユーザー(お店の情報を受け取る人)は自分で集めなきゃいけないということ。LINEが勝手に集めてくれる訳ではないので、お店やホームページなどでLINEのアカウント登録を呼びかけたり、QRコードを発行して壁に貼っておいたり、色々と工夫が必要になりそうです。

初期費用は5250円、月額利用料は初月3ヶ月は無料。
店舗を経営されている方々にとっては、本当に費用対効果があるのか悩むところだと思いますが、注目のサービスになることは間違いなさそうですね。

鎌田


ソフトバンクiPhone5などテザリング解禁について(超初歩的な疑問…)

2012.09.20

恥ずかしながら、自分、「テ」ザリングを「デ」ザリングだと思っていたくらい、こういった通信機器(用語?)に疎いです…。

なので、今、世の中で話題の「ソフトバンクiPhone5テザリング解禁」と言われても、何のことだかサッパリ

でも、こんだけニュースになってるんだから、結構スゴイことなのでは?と思い、ちょっと調べてみたので、ブログでも紹介してみたいと思います。

詳しい方には「知ってるよ!」なことだと思うんで、すっとばしてくださいね(笑)

まずはWikipediaより。

【テザリング】
テザリング(英: tethering)とは、通信端末を内蔵したモバイルコンピューター(携帯電話回線に接続されたスマートフォンなど)を外付けモデムのように用いて、他のコンピューター等をインターネットに接続することである。

むむ〜っ。けっこう表現がややこしい…。

でも、「スマートフォンを外付けモデムのように用いて他のコンピューターをインターネットに接続すること」というのは、つまり「iPhone5を使って、パソコンをインターネットに接続できる」ということですかね。

普段持ち歩いているiPhoneを使って、パソコンもインターネットに接続できたら、かなり便利!
今はWi-Fiを持ち歩いているんですが、けっこう家に忘れてしまうこともあるし、電波もイマイチなんですよね…。
iPhoneなら忘れないし、電波もまずまず入る印象あるし、検討の余地ありますね。

しかし、通信費はどうなるんでしょう?
通信量に合わせて費用がかかるとかだったら、パソコンで重いファイルをやり取りしたら、いきなり目ん玉飛び出るような金額の請求がきたりしないですかね。

不安なのでそれも調べてみたところ、ソフトバンクの場合、テザリングの利用料金は月額525円(2年間は無料)。7GBまでは使いたい放題ということみたいです。(それ以上は別途申し込みで、2GBごとに2,625円。)

自分の場合、7GBはたぶん使わないので、「お安い!」と思ったのですが、これを申し込んだ時点で、「パケットし放題フラット for 4G LTE」というプランが適用されるらしく、この費用が月額5,460円(2年間)。

自分は月額4410円のパケットし放題フラットというプランを使っているので、プラス1050円という感じですね。

この数字のマジックみたいなのは何とかならないのかとも思いますが、それでも月額数千円のWi-Fiルータを使うよりは安いですね。

ふぅ。だいぶ、分かってきました。

あとは、かなり初歩的な疑問なのですが、「ケーブルはつなぐ必要あるのか?」
こういうことが自分みたいな初心者には分からないもんなんです…。

インターネットで色々調べてみた結果、ケーブルをつなぐ方法もあるみたいですが、普通はケーブルなしで使えるようです。

ソフトバンクのHPでは「テザリング」のことを、「スマートフォンをモバイルWi-Fiルーターとして利用できるようになるオプションサービス」と書いているので、おそらく、Wi-Fiルーターと同様、ケーブルなしで使えるということだと思います。

つまり、完全にiPhoneがポケットWi-Fi代わりになるというイメージですね。
今更ながら画期的!

しかし、自分はポケットWi-Fiを数ヶ月前に購入したばかりで、二年しばりなのがネックです。問題は解約してもプラスになるかどうかですね。
導入するかどうかは、もう少し考えてみたいと思います。

※上記は自分が初心者なりに調べた結果なので、記載内容には誤りがある可能性もあります。
当たり前ですが、導入を検討される場合は、ソフトバンクに直接確認されることをオススメします。

鎌田


12

最新の投稿

お問い合わせ・お見積り(無料)






Contact