ブログ

マン振りよりコツコツ

2012.10.03

いきなりですが、小学4年生のとき、クラス対抗で草野球をしていて、さよならのランナーを置いてバッターは自分、ということがありました。

好きなあの子の「がんばって!」の声に、ガチガチになって望んだ結果、マン振りの三振…。めちゃめちゃ落ち込んだのを覚えています。

今でも、人に認められたいと思うとき、どうしてもマン振りになる自分。
なんかデカいことやってやろうとか…。

でもそういうときこそ、一発のまぐれ狙いよりも、常に出塁できるような本当の実力をつけねばと思うようになりました。フルスイングの気持ちよさよりも、今は小さな結果を積み重ねたいと思っています。

修行あるのみですね!

鎌田

Pocket

お問い合わせ・お見積り(無料)






Contact