デザインは「見ため」大切です。

2020.04.30

アナログ時代からのグラフィックデザイナーやタイポグラファー方なら、今回の話は当たり前の話かもしれません。 一方で、コンピュータでデザインを始めたデジタル世代のグラフィックデザイナーやUIデザイナーの方は 正確な数値でのデザインや端数を切り捨てるデザインに無意識にしてしまいがちです。 数値的なデザインだけではなく、視覚的なデザイン感覚いわば「見ため」の感覚を養ってみてもいいかもしれませんね。 わかりやすい例として、正方形のエリアの真ん中に配する際の、正三角形の位置で説明すると、 正方形のエリアのど真ん中に配した正三角形は、左右のアキは均等であっても上下のアキは均等ではなく やや上めに置いた方が落ち着いて見えるということです。 もちろん正三角形は上下のボリュームに違いがにあるためですが。よくある錯覚(錯視)の事例にもどこか似ているかもしれません。 視覚的なデザイン感覚いわば「見ため」の感覚がとても大事でそのデザインを有機的なものに変えると言っても 過言ではないでしょう。


最新の投稿

お問い合わせ・お見積り(無料)






Contact