ネットショップが無料で解説できるBASEの新機能「SHOP COIN」

2018.05.29

ネットショップが無料で開設・公開できるBASEがリリースした新機能「SHOP COIN」。

ちょっと驚くような新しい仕組みで、ワクワクしました。

簡単にいうと、クラウドファンディングのように「〇〇を作ります」という公約をすることで、そのショップのみで使える通貨を発行・販売でき、その販売益を元手に商品開発ができる仕組みです。

【例】
1)ショップ「新商品〇〇を制作するので、ショップコインを購入してください」という公約をし、「SHOP COIN」を100コインあたり50円で販売する。
2)ユーザーは新商品が欲しいので、10000コインを5000円で購入。
3)販売時はショップ側で1コイン50円〜100円に値決めできるが、利用時は1コイン=1円がレートとなる。
4)新商品〇〇が完成し、10000円で販売したとすると、ユーザーは10000コイン=5000円で購入できることになり、実質半額で手に入ることになる。

という、ショップにとっても、ユーザーにとっても、WinWinな仕組みです。

ファンがしっかりいるようなショップに限定されるかもしれませんが、商品開発の費用を先行投資しなくても良くなり、また先行予約者を事前に募ることにもなるので、在庫を抱えるリスクも減ります。

海外ではテイラースティッチなどが、クラウドファンディングで上記の仕組みを実現しており、同じようなことが、一般の店舗でもシステム開発の負担なくできることになります。

既存のファンが多くいることと、公約(新商品)の魅力が十分にあることが必須になるので、ハードルは低くはなさそうですが、インスタグラムでのフォローワーが多いブランドなどは、かなり確実に資金を得ることができるのではないかと思います。

スモールブランドにとっては、使い方次第では運営の柱となる可能性が十分にある仕組みといえそうです。


SEO対策の営業電話に対応しない方が良い理由

2018.05.27

事業を営む方々には、日々営業の電話が掛かってくると思います。

その中の一つがSEO(検索エンジン対策)の会社ではないでしょうか。

「あなたのホームページを検索1位にします」などの提案をされ、そして、おそらく「一定のキーワードで何位以上になったら、いくらの報酬」といった成果報酬型を取るところが多いのではないかと思います。

こういうSEOの会社には、基本的には対応をしない方が良いです。

理由は簡単です。

「営業電話をかけてくるところに決めるよりも、自分で探す方が良い会社に巡り会える可能性が高いから」です。

当然、きちんとしたSEO会社も中にはあります。

そのような会社は、グーグルを騙すようなテクニックではなく、適正な内部施策(ホームページ内の構造の変更)や、SEOコンテンツ(記事)の提供またはコンサルティングという、正攻法といえる検索エンジンへのアプローチを取ります。

正攻法を取る会社は、電話番号を買って無作為に電話をかけるような営業をしていないと断言できます。

電話営業をしているとしても、ウェブからのマーケティングにより情報収集をして、もっと的を絞ったアプローチをしているはずです。

もしSEOの会社に依頼されたいということであれば、たまたま営業電話をしてきた会社に頼むのではなく、自身で「これは!」と思うところを選ぶ方が良い会社に巡り会える可能性が高いでしょう。

参考として、営業さんの話を聞いてみることは良いかもしれませんが、話を聞いた上で、必ず自分でもう一度調べてみて、グレーな部分のない会社を選ぶことをおすすめしたいです。


ハワイで日焼け止め禁止法案可決

2018.05.22

サンゴ礁への被害を防止するため、ハワイでは日焼け止め禁止法案が可決され、「コパトーン」や「Hawaiian Tropic」「Banana Boat」にも使用されているという、オキシベンゾンとオクチノキサートを含む薬剤の使用ができなくなるというニュースを読みました

ハワイで「日焼け止め」禁止法案、サンゴ礁への被害を防止

自分は日焼け止めがサンゴ礁に被害を及ぼしていること自体を知らず、「コパトーン」や「Banana Boat」は使ったことがあるので、それが今のままの配合だと販売できなくなるというのは、ちょっと驚きです。

そして、日本だとおそらく可決されないような法案が通るハワイがちょっとうらやましくもあります。

ハワイの人々にとってサンゴ礁を守ることが、どれだけ大事なことかが伝わってきます。
きっと、そうした環境を大事にする姿勢こそがハワイという場所の魅力をより高め、世界一の観光地足らしめているんですよね。
場所に価値があるだけではなく、思いへの共感もまた、その土地の価値なのだと思います。

日本、とりわけ湘南はハワイに学べることがたくさんあると思います。
自然を守るということは、住民の自然への理解や感謝と、観光地としてのビジネス的な視点の両方があって、初めて成り立つものなのかもしれません。

美しい海があることで、人は豊かさを感じることができます。
一方で資本主義社会では、価値が生むものこそ、守るべきものとされます。
価値を生まないものは淘汰されてしまうでしょう。

自然を守るということは、人にとって何が豊かさであり、価値であるかを問い直すことなのかもしれません。
海への理解や感謝を深めていくことが価値につながるという、一つの理想的な方向性を、ハワイのこの法案は示してくれたように思います。


MacBook Pro のタッチバー、使うか使わないか問題

2018.05.20

2016年以降のMacBook Proには、キーボード上部に一列「タッチバー(Touch Bar)」と言われる、操作に応じて内容が切り替わるタッチパネルがついており、そこでボリュームやバックライトの明るさ、アプリケーションの戻る進むのコトロールなどができるようになっています。

タッチバーについては、下記ページが詳しいです。
MacBook Pro で Touch Bar を使う方法 - Apple サポート

これは、正直、ちょっとカッコイイなとは思ったのですが、ほとんど使いません。
というか、バックライトの明るさやボリュームを変えるときには使わざるを得ないんですが、特に便利になった感じはしません。

ただ、まだアプリケーション側が未対応な場合が多く、タッチバーでコントロールできる内容が限定されていることも、有用でないと感じる大きな要因だと思います。
例えば、Chromeはタッチバーで検索はできるようになっているのですが、タブの切り替えなどには対応していません。

タッチバー上で切り替えられるようになれば、ショートカットを使うよりも便利になるかもしれません。
アプリケーション側の工夫が追いついてくることで、徐々にメリットが増してくる可能性はあると思います。

これから購入を予定されている方は、タッチバーがあるタイプとないタイプで迷うかと思いますが、現状でいうなら使い勝手は変わらないです。
ただ、ちょっとした楽しさや可能性を見せてくれるところがApple製品の良さですよね。

そういう意味では、タッチバーはこれからを感じさせてくれる、ちょっとしたワクワク感はあると思います。
もしギリギリのところで迷っているということであれば、個人的にはタッチバーありのモデルがおすすめです。


サーファーがチェックすべき、サーフィンや海の情報を提供してくれるウェブメディアまとめ

2018.05.12

いつも楽しみに読ませて頂いている、「サーフィンや海に関する情報メディア」をまとめてみました。

サーフィンの最新動向やコンテスト情報から、海に関するコラム、イベント情報まで、かなり幅広いメディアがあります。

サーフィン関連のメディアは、女性向けも含めて、ここ数年でグッと多様性を帯びて、一層面白くなってきたように思います。

サーファーはもちろん、これからサーフィンを始める方や、ビーチカルチャーに漠然と興味のある方など、ぜひチェックしてみて頂ければ嬉しいです。

※徐々に情報追加して行こうと思います。

【Saltwater Magazine】
Saltwater Magazine

【Colors Magazine】
Colors Magazine

【Oceans Magazine】
Oceans Magazine

【SURFMEDIA】
SURFMEDIA

【SURF MAGAZINE】
SURF MAGAZINE

【F+DIGIGAL】
F+DIGIGAL

【SURF CLUB】
SURF CLUB

【波伝説ドットコム】
波伝説ドットコム

【Surfrider Foundation Japan】
Surfrider Foundation Japan

【BLUER】
BLUER

【GONAMINORI】
GONAMINORI

【PADDLER SHONAN】
PADDLER SHONAN

【THE SURF NEWS】
THE SURF NEWS

【NAMI-ARU news】
NAMI-ARU news

【ビーチコーミング】
ビーチコーミング

【BEACH-PRESS】
BEACH-PRESS

【Sandy Magazine】
Sandy Magazine

【HONEY】
HONEY


最新の投稿

お問い合わせ・お見積り(無料)






Contact