WSLファウンダーズカップについて

2018.05.07

ケリースレーターが開発に携わったウェーブプール「サーフランチ」にて、「ファウンダーズ カップ・オブ・サーフィン」が開催中です。

ウェーブプールでの人口波で行われることに加えて、男女混合5人一組での国別対抗のチーム戦など、今までにない新しいフォーマットでの世界大会ということで、世界中のサーファーから大注目されています。

ということで、自分も昨日から「ファウンダーズカップ」を視聴しているのですが、やはり驚きの連続です。

サーフィンの醍醐味は、コントロールできない自然と向き合うことだったりもするのですが、このウェーブプールは世界トップレベルのサーフポイントにも引けを取らないほどのグッドウェーブを、コンスタントに起こすことができます。

通常はウネリを捉えるために、パドルをして沖にでてポジションを探すという動きがあるのですが、この大会ではマシンの準備ができると規定のポジションに毎回ほぼ同質なウネリが届きます。
つまり、ライディング以外、ほとんど動く必要がありません。

通常の大会では、知識と経験を使って「波を捉える」という争いも重要だったのですが、このウェーブプールでの大会では、純粋に「波に乗る」という技術のみで競われるという印象です。

いろいろと意見はあると思いますが、常に「波に乗っている」ところだけを見ていられるので、「波に乗る」という部分だけを楽しむためには、ウェーブプール、やっぱりいいですね。

もちろん、自然と向き合う部分はなくしてはいけない部分ですが、多様な楽しみ方ができるという意味では歓迎すべきことだと思います。

サーフィンは海で行われることの不確実性により、ビジネス的な難しさを抱えていることは否めません。

ウェーブプールのようなコントロール可能な環境を作ることにより、テレビの生放送や入場料課金のしやすさなど、ビジネス面でのプラスが多々ありそうです。

興行的な成功は選手たちの生活の安定や、スポーツとしての地位向上には欠かせません。

一方で自然の中で行われる大会が減っていくことは寂しいですし、自ら大事なフィロソフィーを手放すことにもつながると思います。

これからウェーブプールの重要度が増していくとは思いますが、ショービジネスに偏り過ぎず、バランスの良い運営が行われることを期待しています。


本鵠沼「KAMOSU」のススメ

2018.05.03

友人の早田夫妻が4月にオープンした「 KAMOSU 」に遊びに行ってきました。

自然に寄り添う製法で作られた食材や調味料、量り売りドライフルーツ、手づくりスイーツなどなど、「近所にあったらな」をたくさん叶えてくれております。

建築家の店主自ら改装した古民家の味わいや、こだわりの什器も見るだけで楽しいです。

ワークショップ等も定期的に開催されているので、新しい発見のある近場のお出かけ先として、とてもおすすめです。

KAMOSU
https://www.kamosu-life.com/


ワークライフインテグレーションについて

2018.05.02

仕事と生活のバランスを取ることである「ワークライフバランス」に代わる新しい考え方として、「ワークライフインテグレーション」という言葉がアメリカ西海岸の先進IT企業では浸透し始めているようです。

インテグレーションは和訳すると「統合」。つまり、ワークライフインテグレーションとは、仕事と生活を統合することで、「24時間、働きながら、私生活も充実させる」という考え方になります。

【ワークライフバランスはもう古い】新しい働き方、ワークライフインテグレーションとは

「24時間、仕事と生活を両立させる」と聞くと、スーパーマンしかこなせないんではないか?という、イヤな予感がしなくもありません。

実際、子どもの世話をしながら、仕事をするというのは、かなり難しいようにも感じています。

ただ、上記の記事の後半にある「デザイナーは24時間仕事しなければならない」という言葉には共感できる部分があり、スーパーマンではない自分にもワークライフインテグレーションを実現できるかもという淡い期待を感じてしまいました。

「デザイナーは24時間仕事しなければならない」の説明として文中にある「仕事をしている間はアウトプットであり、その他の時間はインプットである」というのは、ものづくりをしている人間としては、そうあるべきですし、実際、部分的にはそうだったりします。

かくいう自分も、朝起きてテレビのテロップを見ながら「ここにはこんなフォントを使うのか、こういう装飾をするのか」と考えたり、電車に乗ればつり革広告のデザインに目を凝らし、真似をできる部分を探したりしています。これは自分にとって全く苦ではなく、むしろ楽しい時間です。

そう考えたとき、「これは仕事」だとか、「これは遊び」だとか分けることさえやめれば、休日の仕事も苦でもなんでもないのかもしれないと、ワークライフインテグレーションの可能性に触れたような気がしたのでした。実際に分けようとするからこそストレスになっているということは大いにありそうです。

ポジティブとネガティブに分けることなく、仕事も生活もどちらもポジティブであり人生の大事なひと時と考えれば、もっと両方楽しめるはず、ということを改めて感じた、ゴールデンウィークの合間の一日でした。


大船にある「フラワーセンター」を知っていますか?

2018.04.28

「フラワーセンター」は、大船駅の観音様側出口を出て左側に15分ほど歩いたところにある、かなり広い敷地を持つ公園・植物園です。

自分が大船高校出身ということもあり、「フラワーセンター」についてはよく耳にしていましたし、何度も前を通っていましたが、実は今までに一度も行ったことがありませんでした。

つい先日、日比谷花壇系列が管理者となりリニューアルしたと聞き、ぜひ行ってみようということで、家族で遊びに行ってきました。

用事を済ませてから向かったため夕方に近い時間帯になっていたのですが、思った以上の人出。

植物園とあって、広い敷地内には、色とりどりの花が咲いていて、のんびり歩いて周るだけでも気持ちが良いです。

自分にとっての一番の目玉は、鮮やかな緑が映える芝生の広場でした。

シートを敷いてゴロンと寝転ぶと、遠くの山にピクニックに来たような気分になれます。

家族連れでピクニックもよし、カップルでコーヒーでも持って出掛けるのもいいですね。
これからの季節のフラワーセンター、きっと最高に気持ちの良い時期だと思います。

もしまだ行ったことがないという方は、ぜひ遊びに行ってみてくださいね。
良い一日が過ごせること間違いなしですよ!


モバイルファーストインデックスとは要するに何なの?

2018.04.27

「モバイルファーストインデックス」がSEO(検索エンジン最適化)に関して、最近の大きなトピックスとなっています。

自分自身もそうだったのですが、調べてみても今ひとつ意味が分からないという方が多いような気がするので、自分の理解をなるべく分かりやすくお伝えしてみたいと思います。

モバイルファーストインデックスとは簡単にいうと、2018年3月26日に本格始動が発表された「パソコン版ではなく、モバイル版のサイトを見て検索結果を作ります」というグーグルの宣言になります。

つまり、一つのホームページの中に、パソコン版とモバイル版があるようなサイトの場合、モバイル版を見て検索結果に反映しますよということです。

例えば、不動産サイトだとすれば、パソコン版には物件の情報が詳しく書いてあるけど、モバイル版はあまり情報がないというようなことってありますよね。

今まではパソコン版の方の情報を見て、詳しく書いてあるので上位に表示するということが起こっていたのですが、これからはモバイル版を見て判断するため上位に表示されないということが起こりえます。

つまり、グーグルはパソコン版の内容よりも、モバイル版の内容を重視するということです。

下記に条件ごとに、考えられる影響を記載します。

1)パソコン版しかないホームページの場合
→今まで通りパソコン版を見て評価するため、直接的な影響はありません。

2)パソコン版とモバイル版があるホームページの場合
→パソコン版ではなくモバイル版を見て評価するため、今までとは順位が異なってくる可能性があります。

3)モバイル版しかない場合
→今まで通り、モバイル版を見て評価するため、直接的な影響はありません。

4)レスポンシブウェブデザイン(パソコン版もスマホ版も同じコンテンツ)の場合
→パソコン版もスマホ版も同じ内容であれば、影響はありません。

モバイルファーストインデックスは、グーグルが確認する場所を変えますよということなのでで、パソコン版とモバイル版があり、それぞれに別の内容を設置しているホームページ以外は、直接的な影響はないということになります。

ただし、モバイルの情報を充実させているホームページほど、上位に表示される可能性が上がるということなので、パソコン版のホームページしかないという場合、他のモバイルサイトが評価が上がり、相対的に順位を落とすかもしれません。

今後はモバイルファーストインデックスにより、ますますスマートフォンへの移行が進んでいきそうですね。
もしパソコン用のホームページしかないという場合は、早めにモバイルサイトを立ち上げる必要があるでしょう。


最新の投稿

お問い合わせ・お見積り(無料)






Contact